前立腺オナニーのログ

はじめに

中学生の頃にはアナルオナニーに目覚めていた筋金入りのド変態、omasterです。(一応twitter) 数々の風俗嬢にオナニー遍歴を話してみたところ、「貴方ほどの人は会ったことがない」と営業トークなのかお褒めの言葉なのか分かりませんが、分類としてはプロの変態に属しているかと思っています。

このサイトを立ち上げた当時はエネマグラ(と呼ばれていた)を自作するページがメインで、その後さまざまなオナニー方法を掲載したり、無修正騎乗位に特化した動画サイトを副産物的に 作ってみたりしましたが、今では3Dプリンタでアダルトグッズが作れるし、VRエロソフトも自作できる時代です。 それぞれ副業の後回しというプライオリティで超鈍足で進めております。

さて、テクノロジーは進歩しましたがこのサイトに訪れる目的は昔から変わっていないと思います。 射精よりも強い快感を得たい、アナルでメスイキやドライオーガズムしたい、初体験のドキドキするオナニーを探している といった辺り、さしずめ今までにない最強の快楽を経験したい、という点でしょう。

最強の快楽とは

最強の快楽はまず2種類に分解できます。強さと長さです。どちらも多ければ多いほど嬉しいと思いますよね? 射精は快楽度が強いが時間が短い、アナルは時間が快感の長いが物足りない、だから皆さんは前立腺を開発して強く長くメスイキしたいわけですよね?

メスイキはブームあって言葉が独り歩きしている感がありまして、イメージとしては

みたいなイメージがあると思いますが、実はそんなに凄いものではありません。 かなり疲れるし、苦痛を伴います。(あ、だからM男にはいいのか?)

SM女王様のペットでぺニバンで調教予定の人とか、ゲイの人でなければ、私はメスイキを目指す必要はないかなと思います

苦痛を伴うけど何度もオーガズムに至れるのをあなたは体得したいですか? たぶん、苦しくなくてとにかく気持ちいいのを頼むのではないでしょうか。

というわけで次に、最強の快楽の感じ方の問題がでてきます。

世の中には様々なオナニー、オーガズム、セックスがあります。ドライとかエナジーとか、ポリネシアンとか。 どれも感じ方が異なるし、一人ひとりの開発状況や心身の状態によって不発だったり到達できなかったりします。 (ポリネシアンセックスなんかは、お互いに禁欲と性の探求ができる男女のカップルが必要だったり)
なので、絶対的にこのオーガズムが世界で一番気持ちいいというよりは、このオーガズムが一番自分に向いていると相対的に見ることが重要です。

また、快感を感じるのは脳なので、気持ち・本能に従うこともとても重要です。 皆さんありますよね、今日は巨乳動画が見たいとか、ある日は潮吹き動画がみたいとか。 体的にはチンチンがギンギンで激しく擦りたい日と、乳首やアナルが疼いて長くじっくり楽しみたい日とか。

一つの方法に集中するより、本能に従った部位で(でも焦らして)やるのが満足度が高いです。

その日の体調に応じて感じる部位が異なるので もちろんいろんな部位を開発しておくことで保険になるし、長くも楽しめるわけですが 体調を万全にしておくことが高みを目指すための条件になっています。

最強の快楽を得るための大前提

当サイトも最初そうだったのですが、人生で一番気持ちいいオナニーをするために 前立腺を開発する方法やエネマグラ・アネロスやローションの選定等を紹介してきました。 部位とモノに頼っていたわけですね。

しかし、それらは数多く揃えなければいけない条件の一つに過ぎず、もっと初歩的で基礎となる必須条件が揃わないことには 高みを目指すことはできないんですね。 これは他のオナニー情報サイトや書籍でもあまり触れられていません。 その理由はあまりに単純で初歩的なため、あえて解説されていなかったのかもしれません。

これを一言で表現すると、なーんだ。となって終わってしまうのですが、 実は最強の快楽を得るためには、まず初めに健康であることが必須です。それはもう修行僧のように。

・・・ほらね、なーんだ。ってなってこれ以下読む気無くしますよね。

でもこの基礎ができていないと、どんなに前立腺開発を頑張ろうが、どんなに良いグッズを使おうが絶対に気持ちよくなれません。 面倒な人は以下だけでもチェックしてみてください。

が柱です。最後に最強の快楽を得るための準備・日課がありますので、普段の生活改善に役立ててください。 それではそれぞれの詳細を述べていきます。

快感を感じるのは脳

私も長年、エネマグラをとっかえひっかえ果ては自作をし、時には極太バイブや指で前立腺を開発していたわけですが、 前立腺は単に快楽を得るためのトリガーでしかありません。感度が良いのは勿論良いことですが、 気持ちいいと感じるのは脳です。

前立腺回りがシュワシュワして気持ちいいと感じるのも、脳がそうさせているわけです。 つまり、脳が正常に動作していないと、どんなにトリガーから信号を送っても 気持ちいいと感じる量が極端に減ってしまうわけです。

あなたは日によってエネマグラがすごい気持ちいい日と、入れても何も感じない日はなかったですか? もしくは、全身ビリビリ快感で痺れてノッてる日と、不感症にでもなったかのように何も感じない日とか。 何年経っても前立腺が開発できないという人も、実は開発は進んでいるのに この基礎ができていないだけ、という事も考えられます。

脳内物質が快感を伝える

ネットスラングでは気持ちいい時に脳汁が出るなんて言いますが、 「アドレナリン(興奮物質)が出てる」は一般生活でも聞いたことがあると思います。 実際に身体に刺激があると脳では脳内物質が生成されて感情が動くんですね。

脳内物質はたくさんあるわけですが、特に快楽に関連しそうな脳内物質を欲しい順に並べると

などがあります。

それぞれ、発生のさせ方や持続時間があるので手順や準備が重要です。 前立腺というトリガーを刺激したときに、脳内でこれらの物質を豊富に生成して それを無駄なく利用できることで初めて最強の快楽を得られるわけです。

というのも、これらの脳内物質はニューロン(神経細胞)から放出され、レセプター(受容体)と結合することで効果が表れます。 キャッチボールのようなもので、うまくレセプターと結合できないと結合度が低い=快楽が薄くなるということです。

では、脳内物質を無駄なく結合させるにはどうするかというと、 レセプターの結合度は「食事・運動・環境」で決まるということです。 だから健康であることが快楽を得るための基礎というわけです。

まず減ったレセプターを増やそう

何らかの方法(遥か昔、エネマグラと同時期に、今では違法になった某ドラッグが流行った)で雨のようにたくさん脳内物質を発生させられたとしても、 それをキャッチするバケツ=レセプターが少ないと脳内物質を100%受け止められません。 レセプターが万全の状態であれば、怪しい物に頼らずとも純正の脳みそだけでアヘ顔で脳内お花畑にして飛ぶことはできます。

ということで、まずはレセプターを増やす(日常生活で減った分を正常に戻す)ことから始めます。 ”ドーパミンレセプターは常時ドーパミンが出る行為が日常化すると減少、鈍化する”とあります。 具体的には、SNSや動画、ゲームやスマホでの興奮を減らすということです。 ギャンブルなどの射幸心を煽るものも減らす必要があります。 さぁ、急に修行僧っぽくなってきましたねw

しかしストレス社会で生きているのに息抜きが無いのもツライです。そこで朗報ですが、 報酬としての興奮・達成感は問題ないそうなので、「勉強や仕事を片付けてからゲームをする」 など条件付けをして息抜きするのは大丈夫ということです。勿論適度な時間内で。 また、減ったレセプターは運動や筋トレ、ランニングの有酸素運動で増えるということです。 筋トレするとメンタルが回復して明るくなるのもこれかもしれませんね。

それぞれの脳内物質を増やすために

次に脳内物質を作るための方法ですが、脳内物質を作るには前駆体と呼ばれる、いわゆる栄養の素材が必要です。 脳内物質自体をサプリメント等で経口摂取しても脳には行き渡りません。 これは例えるならば、髪の毛を生やしたい人が髪の毛を食べませんよね?髪の栄養素となるワカメなどを食べると同じことです。

快感に関係する脳内物質の前駆体、食事は下記の一例です。

なお、アルコールは避ける(テストステロン、セロトニン)

快感を高める食事と言えば、つい精力の付くスッポンやマカなどを想像しがちですが、 そうではなくてバランスの良い食生活が基本になるんですね。 現代人は魚の摂取が少ないと言われていますが、たしかに私は魚はもちろん、胡桃もそんなに食べないし 牛肉は高いから食べないし、と食生活を見直してみたところオメガ3脂肪酸が不足しているのが分かりました。 そこでオメガ3脂肪酸は海外のサプリメントで補っています。(日本のは含有量が少ない)

脳内物質の動きを妨げないために

さて、脳内物質とレセプター、野球でいえばピッチャーとキャッチャーが揃いました。 あとは彼らの動きを鈍らせないように環境を整えます。 日常生活の食事と運動で健康になったとしても、コルチゾールがあると脳内物質の効果が台無しになります。

コルチゾールとは別名ストレスホルモンです。名前の通り、ストレスが溜まっているとコルチゾールが発生し、 脳の動きが鈍くなるわけです。 ストレスフリーな生活も現代人にはほぼ不可能なので、下記に気をつけましょう。

最後に、睡眠不足が一番脳にダメージがあります。 7時間前後は睡眠をとれるように早寝をする必要があります。

睡眠負債といって、寝不足で蓄積されたダメージは回復するのに3週間ほどかかります。 つまり、最強の快楽を体感するためには3週間前から準備が始まるというわけですね。

脳内物質のバランス

さて、ここまでの修行僧を思わせる健康的な生活を3週間続けることで、やっと正常な脳の状態に戻るわけですが継続できそうですか? ちなみに私は3週間も継続できません。なのでサプリメントで補っています。しかし睡眠時間がどうしても確保できません。。。

最後にここで1点だけ注意があります。脳内物質は複雑な関係性で連動しており、 どれか一つが増えすぎても、逆に減りすぎても逆効果です。

例えば集中力のドーパミンは不足すれば集中できないし、逆に過剰だと妄想や幻覚に陥ります。 シーソーみたいに単純なものではなく、多くの脳内物質の関係性が複雑に絡み合っているので どちらかを立てればどちらかが上手くいかなくなる知恵の輪のようなイメージです。 ⇒これはつまり、むやみに投薬やホルモン剤などを使用する必要はなく、 じっくり体を鍛えて心身を正常な状態を保ち、100%の効力が発揮できることを目指せということです。

ネットで検索すると怪しいサプリや資料請求サイトがたくさんあります。 中には全てを満たすオールマイティなものもあります。しかしサプリメントは常用していると肝臓に負担がかかります。 手抜きをすると必ずしっぺ返しがくるようになってます。

まとめ

ということで大変長くなりましたが、簡単にまとめると

ことが最強の快楽への第1歩となります。

その他学習メモ

以下は豆知識といいますか、私が今回まとめるように勉強した内容です。もしかしたら役に立つ情報があるかもしれませんし、間違っている情報が混ざっているかもしれません。

エンドルフィン
脳内麻薬といわれるモルヒネに似た作用をする。ランナーズハイの原因ともいわれ、身体の痛みを軽減するために出る。 SMプレイのむち打ちでも出るらしいw熱めの温泉入浴が良いのもこのせいかも。 その他、食欲、睡眠欲、生存欲、本能などが満足すると分泌される。 旨味や甘味で一時的に放出できる。普段から笑う、ペットや植物を慈しむとよい。
オキシトシン
エストロゲン(女性ホルモン)によって分泌される。豆乳や大豆が女性ホルモンと似た働きをすることから、 毎日摂取しておけば出やすい。男も前立腺刺激で出る。 スキンシップや感動映画を見ても放出されるので、オイルマッサージとかも良い。 マッサージについても奥が深く、やり方にコツがあるので別ページで解説します。 普段から周囲に感謝をすることで出やすくなる。ありがとうを言う(この辺になると修行僧というより宗教チック) その他、共感を得る、いい香りをかぐ。好きな音楽を聴く。美しい景色を見るなど、五感を刺激する
セロトニン
消化管に存在する変わったやつ。うつ病と関連性が高い⇒不足するとネガティブになり、BADに陥る。 朝日を浴びる、運動すると増える(リズム運動を5分以上、活性化に5~30分) リズム運動についても別ページにて解説。
ドーパミン
スポーツをするほか、普段通らない新しい道を歩く、新しいことをする、褒められる。 目標の設定と達成を繰り返す⇒射精管理の催眠音声は理にかなってる ニコチンを摂取していると鈍化する
アドレナリン
カフェイン、タバコで増幅する⇒オナニーする日は解禁してもよい? 叫ぶ、カラオケするなどでも出る
このページに関するタグ:前立腺,乳首,ネット関連,感度UP