前立腺オナニーのログ
パワーコック リング - 補強グッズ - 大人のおもちゃ通販 - FANZA通販(旧DMM.R18) コックリング(サークル)スモーク - 補強グッズ - 大人のおもちゃ通販 - FANZA通販(旧DMM.R18)

ボールストレッチャーとコックリング

SMグッズの一つに、金属製のリングでペニスを締め付けるコックリングがあります。閉め具合によって射精管理ができるほか、ペニスの血流を抑えて強制的に勃起させることで勃起時間の延長、亀頭や竿の膨張率をガチガチに高めることができます。序盤はその膨張感が結構気持ちいいです。しかし鬱血が続くと段々苦痛になり、SMグッズとしての側面が顔を出します。

私は今までペニスに付けるリングは全てコックリングと呼ぶと思っていたのですが、付ける場所によってその呼び名も効能も異なるようです。たとえば睾丸に付けるグッズはボールストレッチャー(睾丸リング)と呼びます。

ボールストレッチャーとは

コックリングは聞いたことがあるかもしれないですが、ボールストレッチャーは余り馴染みが無いかもしれません。 ボールストレッチャーとは、名前の通り睾丸を伸ばすためのSMグッズです。
ただし、言葉の揺らぎがあるようで広義の意味では、睾丸の入った玉袋を伸ばすための重量のあるリングです。 ペニスの付け根、睾丸の上にリングを装着することで長時間の装着ができ、リングの重みで睾丸が垂れ下がります。

狭義の意味では商品名で「ボールストレッチャー」というのもあって、こちらはリングではなくて 睾丸を直接挟めるクランプに紐がついていて、ダイレクトに睾丸を引っ張る代物で SM嬢との”お散歩”に用いられることがあります。こちらは短時間の用途に限られます。

一般的なボールストレッチャーは、重い金属のリングで出来ていて、輪を分割して装着しやすくしたものや マグネットで着脱が楽になっているもの、従来通りただのリングもあります。
名古屋のSM嬢いわく、コックリングは装着できる人はいるけど普通のリング状のボールストレッチャーを装着できる人が少ない(睾丸がリングを通らない人がいる)とのこと。

コックリング・ボールストレッチャーの違い

ボールストレッチャーとコックリングの装着位置

コックリングは上述の通り、ペニスの付け根や竿の部分など、血管や尿道、射精管がある場所に装着します。サイズがとても重要で、緩すぎれば効果が薄れ、キツ過ぎると外れなくなります。

一方で、睾丸に装着するボールストレッチャー(睾丸ストレッチャー)というあまり聞いたことないグッズもあります。睾丸をグッズの重力に任せて下方向に引っ張るもので、サイズよりも重さが重要になってきます。

どちらもSM業界では射精管理に用いられるのですが、コックリングはきつく締め付けて我慢汁の1滴も漏らさないハードな感じ、ボールストレッチャーは射精までの時間を長引かせてダラダラ漏らすソフトな感じといったところです。それぞれのメリット・デメリットをまとめたのが下の表です。

  コックリング ボールストレッチャー
装着位置 ペニス、竿 睾丸の上の陰嚢
重さ 必要なし 重い方が効果あり
サイズ 小さめで締め上げる 緩めで痛みが無いように
メリット 勃起力、持続時間アップ、射精管理 射精までの時間延長≒早漏防止
デメリット SMプロ用のは切れ目のないリングで、キツ過ぎた時に外れなくなる。(まれにテレビで見る、消防署や病院でカットしてもらう珍客のアレ)。装着も難しい。 常用すると玉袋が伸びる(後述)
感想 短時間だと締め付け具合が気持ちいい。長時間だと痛くなってくる。自分の亀頭のサイズが見たことない位立派に(笑 付けて歩くと睾丸がペチペチ内股に当たって新しい快感。射精が近づいても睾丸が縮まないので落ちついて対応ができる気がする。

さて、ボールストレッチャーを前立腺オナニーに持ってくる理由ですが、その効果が以前wikipediaに載ってたのですが今探したら消えてました(何故。。。

記憶を思い出して簡単に説明すると、通常男性は射精感が高まると睾丸が上がり、玉袋が縮まって射精の位置に定まります。それをボールストレッチャーで伸ばして縮ませないことで、射精までの時間を長引かせ、焦燥感を楽しむ、的なことが書いてあったと記憶しています。

要は快感の時間が長引かせるのに使えるんじゃないかということでおすすめしています。

一方で、コックリングは勃起させてしまいますから、前立腺オナニーには不向きですが、アナルを使わずお手軽にシコりたい時には快感を増すことができます。

ボールストレッチャーを自作する

それではお得意の自作・DIYコーナーです(笑

もちろん製品を購入したほうが精度も快感も良いのでしょうが、取れなくなって救急車は避けたいので、安全性と入手しやすさを考慮した結果がこちら。

ネジシャックル10mm

ネジシャックル10mm
価格:679円(税込、送料別)

ネジシャックルというロープをかけるための金具がホームセンターに売っています。ネジ式で取り外せますので安全性はバッチリ(ただし毛はカットしておかないと巻き込んで痛い)

装着は睾丸を引っ張って、U字の金具を通して、ネジで締めて完了。(ネジを締めるときに玉袋の巻き込みにも注意)

焦燥感と射精時間の延長効果を得るには500g程度あると良いそうですが、重いシャックル=大きいシャックルになるとU字サイズも大きくなって睾丸をすり抜けて脱落してしまいます。

私の場合はネジ径9mm(U字の幅20mm)が丁度良いサイズだったので、9mmを付けたその上に12mm(U字幅25mm)を重ねています。もしくはシャックルに重りをぶら下げるという方法でも良いようです。

ちなみに私が購入したシャックルは9mmが100g、12mmで200gと、合計で300gの重量になります。

ボールストレッチャーの効果

アバットメントを折っていないエネマグラを入れながらだとカチカチ当たって相性が悪いですが、ディルド使用のアナルオナニーとなら相性が良いかも。

あとは装着して歩くと睾丸が股に当たって微弱な快感が得られるのが新鮮で癖になりそう。

オナニー終盤では、そろそろ射精しそうと思っても、その直前の精液が出そうで出ないジワジワする感じが長引くのと、急激に来る射精感を抑えて誤射を防ぐことができ、落ち着いて精液の甘出しができる時があります。

ただし、本当にイッた時の射精時はボールストレッチャーを取り外さないと、ドクドク出してる時の快感が半減しました。

ボールストレッチャーの副作用は

オナニー時だけ付けるのであればそれほど問題ないでしょうが、常時装着して日常生活をしていると玉袋が伸びて垂れてくるそうです。

限界まで伸ばすと下記サイトのようにできるようです。

https://www.secretleatherforum.co.uk/forum/viewtopic.php?f=11&t=26

これが賛否両論のようで、同性からの「男性器が大きく見える、かっこいい」といった意見から、「風呂上りのジジイっぽい」という意見、女性の「セックス時に睾丸がペチペチ当たって興奮する」といった声まであるので、常用して性器改造する方はよく考えて着用ください。

また、精巣捻転という睾丸が捻じれる原因不明の病気があるのですが、睾丸が長く伸びれば捻じれる確率も自ずとアップすると思いますので、急激に過重をかけることは避けて、ほどほどに伸ばすのが良いと思います。

コックリングを自作する

こちらはきつく締めあげることで高い効果が得られるグッズですが、プロ用のは本当にただのリングで装着にもコツがいる(玉袋と竿の通し方)し、万一外れなくって病院に行くというのは絶対に避けたいです。

そこでおすすめなのがホースバンドです。これもホームセンターで簡単に入手できます。ネジを閉める部分がプラスドライバーが必要な物が大半ですが、探せば指で開閉できるものが売っています。 強度や装着感はSM用のコックリングに比べると劣りますが、万一外せなくなったとしても、分解が容易なので自力で何とか外せる(痛くないとは言っていない)のが安全でおすすめできるポイントです。

サイズは自分のペニスと睾丸のサイズに合わせてとなりますが、小さい物ほど装着にコツがいるようになります。 ネジを最大に締めた時の内径が、ペニスの外周+皮膚の厚さ近いと良いです。逆に、ネジを最大に緩めた内径でペニスと睾丸を通す必要があります。

SM業界では睾丸を通して最後にペニスを通すらしいですが、私は萎えた状態でペニスを通して睾丸を1個ずつ通した方がやりやすかったです。

すごく良い商品を発見しました!! きつく締め付けができて着脱が容易な金属製のコックリング。イク時は留め具をパチッと外すことで射精の邪魔をしないコックリングです。

コックリングの効果

これも安価で手軽に快感を増すことができます。装着直後は勃起率が高まっているのでギンギンしてとても気持ちいです。アナル洗浄が面倒でエネマグラを使わないけど、どうしても抜きたい日に良く使います。

たぶんバイアグラとか絶倫何とかみたいな媚薬でペニスがギンギンになるのと同じような快感が得られるんじゃないかと思っています。これでセックスできれば絶対喜ばれますね。

しかし勿論デメリットもありまして、長時間付けているとリングの食い込みが痛くなってきます。そして、射精時にリングがあると全然精液が出なくて気持ちよくないんです。で、弛めたらダラーって出る感じ。

射精ギリギリまでリングをキツくしておきたいところですが、ネジを弛めるのに結構時間がかかるので、ある程度楽しんだら早めに緩めて射精するのがベストな使い方かなと思います。

このページに関するタグ:感度UP